Telephone Marketing Navi

度数の選び方

度数の選び方

度数の選び方 メガネの商品を選ぶ場合、度数の特徴についても知っておく必要があります。基本的にはレンズの厚さに比例するため、レンズの厚みが気になる場合はフレームの小さいものを選ぶといった方法がおすすめです。検査は眼科で行うことができます。
眼科に行くと診察料が2000~3000円程度かかってくるため、視力を測定するだけなら直接眼鏡屋に行った方が良いかもしれません。眼鏡屋なら無料で検査をしてくれることがほとんどですし、病院と同じように細かい検査を受けることができるのです。メガネとコンタクトの選び方は同じだと考えている人もいるでしょう。しかし、メガネはレンズと角膜の間に距離があるため、同じ視力矯正をするなら眼鏡の方が度数は強くなるということです。
ですが、近視の強い人や家でしか視力矯正をしないという場合、あまり強いメガネは必要ないかもしれません。強いものだと近くを見る時に目の負担が大きくなってしまうので注意しましょう。

メガネのレンズの交換をすることは可能です。

メガネのレンズの交換をすることは可能です。 メガネを使っているうちに度が合わなくなってきたと感じる人はレンズの交換をした方が良いと言えます。お気に入りのメガネでフレームは変えたくないといった場合でも安心です。交換は店舗にもより明日が、短い時間で済ませてもらうことが可能です。
基本的には購入した店舗やブランドで行った方が良い場合もありますが、他店で購入した物も取り扱っている場合があります。費用は使用する部品によって異なるため修理時に店舗で確認すると良いでしょう。しかし、防曇加工や耐傷加工などのコーティングをする場合は追加料金が発生する場合が多いので注意が必要です。メガネは長い間使っていると細かい傷が付いたりホコリが付いたりしてしまいます。
見えづらいままにしておくと視力の低下につながる危険もあります。もし、メガネをかけていても見えづらいと感じた場合はレンズに原因があるかもしれません。違和感を覚えた場合やキズがひどいような時には早めに店舗に相談してみると良いでしょう。

新着情報

◎2020/11/27

度数の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/7/29

傷が入った時の対処法
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

メガネは定期的に調整
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「メガネ 度数」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 メガネのお悩み解決講座!. All Rights Reserved.