Telephone Marketing Navi

レンズに傷が入った時の対処法

レンズに傷が入った時の対処法

レンズに傷が入った時の対処法 メガネのレンズに傷が入ってしまった場合、一般的には修理や交換をするのが最も良い方法です。
修理をする場合には比較的傷が浅い場合で、その深さまでレンズを削り、コーティングをすることで屈折率を変えずに修理を行える場合があります。
万が一修理が行えない場合には交換をすることになります。
屈折率が変わってしまうと、せっかくのメガネが見えにくいものとなってしまうため注意をしなければなりません。
比較的浅い場合には自分で直すことができる場合もあります。
歯磨き粉や重曹を水でといたものをコットンパッドなどで円を描くように研磨することで、傷を取り去ることができる場合もありますが、この場合には非常に浅い場合に限ります。
削りすぎると屈折率が変わってしまい、見えにくくなることもあるため注意をしなければなりません。
基本的にメガネは非常にデリケートなものでもあるため、万が一傷がついてしまったら、無理に自分で直そうとせず専門店に修理を依頼する方が確実です。

メガネのレンズの傷は自力で直せる場合もある

メガネのレンズの傷は自力で直せる場合もある 目が悪くなったらメガネをかける必要がありますが、自分に合ったものを選ぶためにお店をまわって色々と調べることが大切です。
視力の問題もあるのでしっかりと検査をしてもらい見やすいものを見つけることが重要ですし、出来るだけ長持ちするような頑丈なものを選ぶことも重要です。
ただ長く使っているとどうしてもどこかが壊れてしまうのでその場合にはお店に行って修理してもらう必要がありますが、場所によってはかなりお金がかかることもあります。
例えばレンズの傷は直すのが難しく少しお金がかかることもありますが、傷がそれほど深くなければ自力で直せることもあるので諦める必要はないです。
レンズの小さな浅い傷であれば、研磨剤の入っているメガネクリーナーや歯磨き粉、ピカールなどを付けてこすれば傷を目立たなくすることができます。
しかし慣れてないと失敗してしまうこともあるので、自力でレンズの傷を直したい場合にはインターネットなどを使って良く調べた上で修理するようにした方が良いです。

新着情報

◎2020/11/27

度数の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/7/29

傷が入った時の対処法
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

メガネは定期的に調整
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「メガネ 自力」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 メガネのお悩み解決講座!. All Rights Reserved.