Telephone Marketing Navi

メガネは定期的に調整

メガネは定期的に調整

メガネは定期的に調整 毎日の生活で、かけたり外したりを繰り返しているメガネは、次第に鼻あてがずれてきたりフレームが広がってきたりすることで、作成当初に合わせていたところから商店位置がずれてくることがよくあります。
また、何かにぶつけてしまうことや、メガネをかけたまま寝てしまうことでもフレームが歪んでしまう原因となります。そのままの状態で使用していると、
本来の矯正視力が得られないということだけでなく、気分が悪くなってしまうこともありますので、定期的な調整を行うことが重要です。
大きな衝撃を受けてメガネのフレームが変形した場合はすぐに対処することが求められますが、少しずつ変形が進んでいくこともあるために、2ヶ月から3ヶ月に1回は購入した専門店に依頼をして調整をしてもらうことがおすすめです。
度数が進んでいくこともありますので、見え方に変化が生じたと感じたときにはレンズ交換の相談をすると良いでしょう。
歪みなくピッタリと合った度数のメガネを常に用意することで、毎日の生活がとても快適になります。

メガネをたまに調整するとメリットがあります

メガネをたまに調整するとメリットがあります メガネを購入してから新しいものに買い換えるまで、何もしないという人は少なくありません。
しかし、実際には毎日使っているうちに蝶番が緩む等してかけ心地が変わってきます。緩くなると、正しい位置にレンズがこないため目が疲れる原因にもなるので注意が必要です。かけ心地が変わったと感じたら、メガネ店で調整するようにして下さい。
特に気をつけるべきなのは、レンズが自分に合うかどうかです。子供も大人も、月日と共に視力が低下していくは珍しくありません。遠くが見え辛くなったり、乱視になることもあるでしょう。
いくらフレームが新しくても、レンズが目に合わなくなったということも珍しくありません。合わない度数だと、目に負担がかかり疲れやさらなる視力低下の原因にもなります。
1年か2年に一度は、視力を確認して度数が大丈夫か確認することをお勧めします。
メガネ店では、フレームはそのままでレンズの交換だけを行う事ももちろん可能です。

新着情報

◎2020/11/27

度数の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/7/29

傷が入った時の対処法
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

メガネは定期的に調整
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「メガネ 視力」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 メガネのお悩み解決講座!. All Rights Reserved.