Telephone Marketing Navi

メガネについて学ぼう

メガネを長持ちさせるコツは?

メガネを長持ちさせるコツは? メガネがなければ生活できない人も少なくありません。
だから、長持ちさせたいところですが、ちょっと取り扱いを間違えれば、すぐに壊れてしまいます。
そこでメガネを長持ちさせるコツですが、素材の性質を考えてやってはいけないことを理解することです。
レンズの素材についていえば、プラスチックであれば熱に弱いし柔らかいので少し擦っただけでも傷つきます。
ですから暖房器具の傍に置いたり、メガネ拭きのような柔らかい布以外でこすらないように気をつけなければいけません。
ガラスレンズは丈夫ですが、落としたり踏んだりすれば衝撃で割れてしまいます。
落下防止のための鎖をつけておくとか、踏まないように置く場所を決めておくことで事故を防げます。
あと机などに置くときにはフレームを開いた状態でレンズの上部が下向きになるようにしておきましょう。
目にかけているときと同じ向きにすると不安定な状態になり、フレームの歪みを招きます。
フレームを閉じるときにはレンズは必ず上に向く方向にしておくことで、傷を防げます。

メガネの傷みの原因はいつもやってしまうアレだった!

メガネの傷みの原因はいつもやってしまうアレだった! どんなに気をつけて取り扱っていても、メガネのレンズにはいつの間にか傷がついてしまうものです。
メガネの傷みの1番の原因はレンズを拭く際に乾拭きをしてしまうところにあります。
表面に埃が付着したりすると、気軽に専用のクロスで磨いてしまいそうになりますが、実はこの乾拭きこそが、メガネの傷みを助長することになるということを是非覚えておいてください。
これは、レンズの表面についた埃等が乾拭きをすることで擦れてしまって、表面のコーティングにダメージを与えてしまうためです。
ですから、長く大切に使用したいのならば、まずは水で洗うことをおすすめします。
そして、その後で水滴をティッシュペーパー等でやさしく押して水滴を拭い、その後でクロスで拭きあげます。
その際に、フレームを押し広げてしまわないように注意が必要です。
レンズやフレームの扱いに対して少し注意をするだけで、メガネの寿命を少しでも延ばすことが可能となります。

新着情報

◎2020/11/27

度数の選び方
の情報を更新しました。

◎2020/7/29

傷が入った時の対処法
の情報を更新しました。

◎2020/5/27

メガネは定期的に調整
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「メガネ 長持ち」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2020 メガネのお悩み解決講座!. All Rights Reserved.